2006年06月14日

レンちゃん産卵に関して。

レンちゃんの初産から4日が経った。結論から言うと、オタマゴ、白濁している。3つとも有精卵っぽい。交尾してたってことですな(滝汗)

まさかな、と思いつつ、ず〜〜っと同居中のふぅたんをひっくり返してみた。尻尾は伸びていなかった。ほっっ(^。^;) や、別に♂だからって悪いことはないんだけど、全く気づかんうちに交尾されてたとしたらそれはそれでショックだし。

昨年春頃、まだリキが誰にも交尾を迫らず、仲良く♀たちと暮らしていた。が、突如♂としての本能に目覚め、一日中ではないにしても誰かれ構わず甲羅アタックを始めたことがあった。自分より何回りも小さいリンちゃんにまでアタックするので、さすがにしばらくして隔離することとなった。それまでの間、レンちゃんと交尾しなかったとは言い切れない。が、レンちゃん、その前のシーズンも冬眠してたから、リキが居た当時の屋内♀ゾーンではなく外に居ることがほとんどだったはず・・。

と、やっぱり怪しいのはクロすけだ。昨シーズンは一緒に冬眠していた。冬眠明け後もしばらくは一緒に居た。しかし、交尾を迫ることが何度もあったので別居し、去年の夏以降はずーーっと別々に暮らしていた。今シーズンの冬眠も別々だった。

が、、、今年の冬眠明けの3月終わり頃(だったと思うが)、冬眠明けでぼけぼけしているから大丈夫だろうと、日当たりのいい♀ゾーンにクロすけを入れてやったことがあった。一度だけ。結果、甲羅アタック開始。即刻、♂ゾーンに強制送還となった。即刻、、即刻だったつもりだった。でも怪しいのってこのとき以外ないんだよねぇ・・。自分のあいまいな記憶がもどかしい。

以前、マメたんが初産に至った頃、まだマメたんは小さいから産卵なんてしないと思っていたのに、びっくりした。と、同時に、反省した。産卵を始めるとどうしても成長が鈍くなる。もっと大きくなるまで産卵はさせるべきではなかったのでは、、と。それからマメたんは体重はほぼ横ばい。交尾はさせないようにしているが、ご存知のようにまだ有精卵を産み続けている。元気に過ごしてくれているのが何よりの救いだ。

そんなことがあって、レンちゃんはとにかくまず大きく育てよう、と心に決めていた。しっかり大きくなってから交尾うんぬんは考えようと。なのになのに・・・(>_<) レンちゃんはもうマメたんよりも大きい。アンちゃんとも同じくらいだ。とりたてて大騒ぎするのもヘンな話なんだけど。安産であったこと、そしてレンちゃんが元気でいてくれることに感謝しよう。そしてせっかくだからレンたまの孵化にも期待しちゃおぅ。

#写真なんぞ2枚ほど。

p60614-1.jpg
左から2号、1号、3号。野草も大好き。タンポポ、ノゲシ、クズ、リュウゼツサイ、クローバー、、なんでも食べる。あんたたちゃ、すごいわ^^ 体重は1号26g、2号・3号20gになった。そんなに急増もしてない。その分ウンpの量が日に日に増していく・・良いことだ。うん。

p60614-2.jpg
数日前に水入れを新調してもらった宙くん。水入れに顔だけ入れて水飲んでたらしきことはあったが、以前のように身体ごと浸かってるのはまだ見たことがない。やっぱ前の水入れのはみ出し感が良かったのかしらん・・(^。^;)

ニックネーム りえゴン at 16:02| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やったー!白濁♪白濁♪
Posted by キリス♪ at 2006年06月14日 18:52
へへへへ・・(^。^;)
Posted by りえゴン at 2006年06月15日 08:54
おお〜〜白濁〜〜〜♪♪
すっげーーーちびが孵るのかなぁ〜〜〜^^

ギリシャってやっぱ交尾がきっかけで初産卵ってパターンが多いねぇ〜〜〜。んでもって、「当たる」率、、高いよねぇ〜〜〜(^^;;;;
Posted by ねーる☆彡 at 2006年06月15日 14:05
孵ったらチビでしょーねーーww

でもやっぱそうですよね。初産卵は交尾がきっかけ・・はぁぁ〜〜(深いため息)迂闊でした。

当たる確率が高いってーのはそれだけ自然界で出会いが少ないってことなんでしょうかねぇ・・。ああ、レンちゃん巨亀化計画がぁぁ
Posted by りえゴン at 2006年06月15日 20:46